今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 「清浄なる精神」(第四章)メモ その2

<<   作成日時 : 2010/02/18 05:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

というわけで、前回のメモ
「もっと質の高い自由や平等を確立するかたちで、この社会を改革することができるのか」
http://tu-ta.at.webry.info/201002/article_9.html
の続きではある。


第四章 個人と共同性(2回目)
前回のメモでこの章の第1節をとりあげた。
近代以前の共同体社会には「わずらわしさ」があったこと、近代はその「わずらわしさ」を消していく過程であるとともに、共同体的なつながりも壊されていったことが書かれていた。
そして、その「わずらわしさ」を感じさせない「自由な社会」は植民地の犠牲の上になりたっていたこと。
などが指摘された。

その上で
===
はたして私たちは、もっと質の高い自由や平等を確立するかたちで、この社会を改革することができるのか。
===
この問題意識から、以下で個人と共同性の関係が問われることになる

という課題を残してメモを閉じた。(最後につけたしはあるが)


第4章にはこの視点からの考察がいくつかなされている。

日本的な共同体の中での「個の確立」であるとか、日本の民衆の「死生観」について。それぞれ面白いのだが、きりがないのでメモは飛ばす。

次にメモをしたいと思ったのは「よそ者」を排除する閉鎖性をもった日本の共同体のありかたについて。その閉鎖性を内山さんも否定はしない。しかし、それが閉鎖的だと批判する人々は「やさしさ」や「おだやか」な視線を持っていなかったのではないか、もっとおだやかに他者をとらえてもいいのではないかという。

そこには、新しい人が入ってくると資源をわけなければならない問題がある。とりわけ稲作地帯。このような稲作地帯のありかたが、日本の共同体の性格をつくりだしてきた。戦後の共同体批判は「やさしさ」を欠いている、という。

ここで、連想してしまうのが、「入会い」におけるメンバーシップ。確かに際限なく広げることはできない。だけど、このメンバーシップの妥当性は問われるのだと思う。ま、現状では「入り会い」を維持することのほうが大変で、よそ者は入れないとか言えなくなってるような感じもある。コモンズ論を日本の文脈で語るときに、そのメンバーシップを妥当性のあるものとして、できるだけ開いていくという視点は必要なんじゃないかと思う。

他方でメンバーシップや共有される禁止則があって、成立するのがコモンズであるとも言えるように思う。コモンズの持続のために必要なメンバーシップや禁止則を維持しながら、それをどのように開いていくかということが問われているはず。


次に興味深かったのが、都市と農村の話。かつて存在していたような地域のメンバーが全員参加する共同体は、都市では不可能だと内山さんは考えている。村の「固定性」と都市の「流動性」がその根拠になる。しかし、流動性そのものが否定されるわけではない。これまで経済の力で動かされていた流動性を、人々の暮らしの側からつくることができるのではないか、という提起だ。

だから、都市には都市の(村とは違う)人々の共同性や関係性をつくりながら暮らすという方向が示唆されているのだろう。

次に気になったのがこの章の最終節(やっとここまできたけど、まだ半分もいってない)、タイトルは「生命の思考」

ベルグソンがいう人間をつくりだす要素3つ。
知性
身体
生命

ベルグソンは、「知性」で考え、「身体」で考え、「生命」で考えるのが人間であるにもかかわらず、近代思想は知性にだけ特別な地位を与えた、と考えたらしい。これをとらえて、内山さんは(たぶんあえて)西洋人は大変だ、と書くのだが、いまの日本人の多くだって身体やいのちで考えるというところからは遠いところにきてしまってる。

ここで彼は、生命を鈴木大拙の「霊性」と重ねるのだが、ここも、そうかとうなった。

==この章、最後の文章を引用==
 日本の伝統的な民衆思想を、知性の領域だけで語ることはできない。そしてこの点にこそ、民衆思想を考察しようとするときの困難性もまた存在する。
==引用ここまで==

言外にその危険のようなものが示唆されている。




上記の記事が「面白いかも」って思ったら、この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「清浄なる精神」(第五章)メモ 信仰について
「清浄なる精神」(第五章)メモ  ...続きを見る
今日、考えたこと
2010/02/19 06:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
「清浄なる精神」(第四章)メモ その2 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる