今日、考えたこと

アクセスカウンタ

zoom RSS mixi 日本共産党トピック「なぜ選挙に弱いの?」から

<<   作成日時 : 2011/10/27 05:25   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

mixiに「日本共産党」という非公式コミュニティ(ファンが入ることになっている。支持はしてないけど、がんばって欲しいと思ってるし、ひどいところを直してくれたらいいのにと思ってるので、ま、「ファン」だと思って、入らないと発言できないので入ってるんだけど)があって、そこに「なぜ選挙に弱いの?」というトピックがあったので、ちょっと書いてみた。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=64188606&comment_count=338&comm_id=58804

共産党が明確に脱原発に舵を切ったのはいいことだと思っていて、そこは応援したいと思っている。で、過去の言い方をちょっとは反省してくれたら、もっとすっきり応援できるだろうと思うわけだ。(それは社民党の安保政策などについても同じなんだけど。)
ともあれ、そんなことは主要な話ではなくて、とりあえず今は再稼動を阻止するために、さまざまな勢力が協力すべきときだということは間違いないんだけど・・・。

という前置きを書いた上で、
何を書いたか忘れないようにざっくり転載しておきます。
数分で書きなぐったいいかげんなものはあるんだけど。

==以下、転載==
日本共産党、いろいろがんばっていると思います。
とりわけ、この間は脱原発も明らかにしていますし。

それでも、なかなか支持が集まらない1つの原因は、過去の過ちについて、素直に謝ることができない体質にあるのではないかと感じています。例えば、原水爆禁止運動の分裂の原因は「社会主義」国の核開発にあったはずですが、当初、それを支持した過ち。あるいは過去のある時期まで原子力発電所への反対運動について、「原発絶対反対運動の過ち」という風に自分たちが党として参加していない闘争を非難してきたことなどについてです。

あるいは個人的には、20年も前の話ですが、ある共産党員に赤旗を進められて、その人を信頼していたので、購読を頼んだにもかかわらず、「おまえのところには配らない」と拒否されたこともあります。自民党本部には赤旗を配っても、共産党とは違う形で社会運動に関わっている人間を(個人的には敵対もしてなかったつもり)排除したりもしてきました、というようなこともありました。

そんなことはありつつも、
チェルノブイリ後に2万人集まった集会に対して、その前後に赤旗が誹謗した記事を書いたのに比べて、6万人集会への参加や評価は、大きく前進していると思います。日本共産党がそのような形で、自分たちが主導権を握っていない社会運動にもっと開いていくという方針を促進することが必要なのではないでしょうか?

だからこそ、過去の誤りに率直になれば、もっと支持が集まるのではないかと思うのです。
==転載ここまで==





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そんなこと言ったって、きれいごと並べて反論してくるし、なかなか裏表激しいんだから、しょせん民主的でない人々(共産党のなかまうちでは、我々一般非党員らに対してそう侮蔑する)の声は、民主主義に反してるのだから、犬の遠吠えよ。
けんちゃん
2011/10/27 18:27
けんちゃんのコメントに気がついてませんでした。
日本共産党も変わりつつあるっていうか、ちゃんと変わらないと生き残れないってことに気がついている人も増えつつあるんじゃないかと思います。
tu-ta
2011/12/17 12:12

コメントする help

ニックネーム
本 文

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
mixi 日本共産党トピック「なぜ選挙に弱いの?」から 今日、考えたこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる