アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「障害」のブログ記事

みんなの「障害」ブログ

タイトル 日 時
『障害者のリアルx東大生のリアル』メモ
野澤 和弘編著  「障害者のリアルに迫る」東大ゼミ著 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/24 06:22
「人の生に意味も無意味もない」のかなぁ(ほんの紹介、9回目)たこの木通信
3月号のたこの木通信に書いた原稿 〜〜〜〜 「人の生に意味も無意味もない」のかなぁ (ほんの紹介、9回目)  今回、紹介するのは 『相模原障害者殺傷事件――優生思想とヘイトクライム』(青土社,260p)のなかでの杉田俊介さんの部分に書かれている「人の生に意味も無意味もない」という話。今回はここだけに焦点を当てて感想を書く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 07:24
福祉サービスが必要な人の日常生活上の『福祉ニーズ』の特徴と把握方法
昔書いたレポートシリーズ 地域福祉の理論と方法@ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/30 01:00
ハートネットTV「知的障害者の施設を…14施設からも家族からも自立して生きる」にコメント(追記
ハートネットTV「知的障害者の施設をめぐって 第14回 施設からも家族からも自立して生きる」 http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/choryu/263955.html にコメントを書いたので、ここにも残しておくことにした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/07 01:33
「相模原障害者殺傷事件(優生思想とヘイトクライム)」メモ(追記あり)
「相模原障害者殺傷事件(優生思想とヘイトクライム)」メモ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/05 08:47
若年性認知症の人が抱える問題や支援方法について(昔書いたレポート)
昔書いたレポートシリーズ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/27 01:41
『脳が壊れた』メモ
社会福祉士とかいうつまんない試験をはずみで受けることになって、しかたがないから勉強して、2週間くらい禁欲していた読書再開1冊目。 読後すぐに読書メーターに書いたメモある意味『壊れた』人たちのルポルタージュを書いてきた鈴木大介さんが自ら『壊れた』ことをきっちりと見つめ、『壊れた』自分を対象化することに成功していると思う。高次脳機能障害のことを知るための入門書にもなると思う。そして、通常はあまり知られることのないOTやST,PTなどのコメディカルスタッフへの応援の本にもなっている。もう少し詳しいメ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 16:25
『障害者のアートが問いかけるもの』(『バリアフリー・コンフリクト』から)
先日、自立支援協議会主催の公開セミナーの準備で東大先端研に行く機会があって、そのあたりの人が書いていた本があったなぁと思って、出てきたのがこの本『バリアフリー・コンフリクト』のメモ http://tu-ta.at.webry.info/201502/article_3.html  ちょうど、そのタイミングで立岩さんが障害と創造? 「身体の現代」計画補足・291 http://www.arsvi.com/ts/20172291.htmを紹介していた。そんなタイミングだったので、これを読み返し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/08 08:56
『現代思想2016年10月号緊急特集=相模原障害者殺傷事件』メモ(後半)
後半 気が向いたら、少しずつ更新しようとして、更新したら字数制限にかかったので前後半に分離。これからも随時、更新するかも。できないかもしれないけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/13 08:10
『現代思想2016年10月号緊急特集=相模原障害者殺傷事件』メモ(前半)
『現代思想2016年10月号緊急特集=相模原障害者殺傷事件』メモ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/11/11 03:42
相談援助におけるソーシャルワーカーの利用者に対する基本的態度
また、かなり前に書いたリポートから 〜〜〜〜〜 相談援助の基盤と専門職A B)相談援助におけるソーシャルワーカーの利用者に対する基本的態度について述べなさい 〜〜〜〜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/02 04:45
成年後見人の職務としての身上監護の内容と自己決定を尊重した支援を行う上で、留意すべき事柄
ずいぶん前に書いたレポートがでてきた。けっこう高評価だったので、うれしくて転載 〜〜〜〜〜 権利擁護と成年後見制度 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/25 01:26
弱さは宝物か? 2016ラルシュリトリートで考えたこと
かなの家のみなさん ボランティアのみなさん ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/10 21:14
~ LETTING GO ~「まかせる」ということ
フェイスブックで見かけた詩 https://www.facebook.com/notes/%E4%BB%8A%E6%9D%91-%E5%BC%A5%E7%94%9F/let-go%E3%81%BE%E3%81%8B%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%A8/867571783253788 これによると浦河赤十字病院には相談室と休憩所の中間みたいな「くぼみ」があって、そこにこういう詩がいくつか張ってあったのです... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/21 09:40
「セックスと障害者」メモ
この本については http://www.whitehands.jp/sexanddisabilities.html から各種の情報にアクセスできる。以下の目次もそこから。 アマゾンには『これってもしかして大学生のレポート?と思ってしまうことも』という厳しい評価も。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/01 04:08
『初めてのアドラー心理学』メモ
役に立つブログを書いてくれる***さんがアドラー、そのなかでも彼女が推薦していた「嫌われる勇気(自己啓発の源流「アドラー」の教え)」が役に立つと教えてくれたのだが、この本が大人気で図書館で予約したら何百人も待があって、5月に予約したのに、まだ、予約394位。ちなみに、この本、大田区の図書館だけで34冊も保有とあるんだけど、この保有の仕方も微妙かも。待ってる方としては助かるんだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/07/20 05:08
「いのちは自分のものではない」メモ
「いのちは自分のものではない」メモ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/17 07:37
「自立を混乱させているのは誰か」メモ
読後の第一印象としては、断定的なことを書いてる割には、ちょっとどうかなぁと思える記述が多い、という印象。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/22 10:19
『カプカプのつくり方』から抜粋 スタッフがするべきこと・・・など
クラウドファンディング 「障害福祉」から世界を変える「カプカプの作り方」出版プロジェクト https://cf.yokohama.localgood.jp/project/kapukapu からできた本。 『ザツゼンに生きる』がだんぜん面白くて、メモを書いたので紹介。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/11 18:47
「オープンダイアローグとは何か」メモ
http://togetter.com/li/966448 でまとめたもの。少し順番を変えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/08 10:00
「介助者たちはどう生きていくのか」メモ(4月29日追記)
風雷の中村さんが最近の現代思想で渡邉さんの文章を読んで面白くて、呼びたくなったとSNSで発信していたので、読みたくなってこの本を読んだ。購入していたと思いこんでいたが、見つからなかった。 で、ほんとに面白くて、いろいろ刺激された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/04/25 01:31
ソーシャルワーカーが社会資源を活用する上での、役割や留意点/これから必要とされる社会資源
またまた以前書いたレポートから ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/13 07:31
ネットワーキングの意義・目的・方法と相談援助における多職種・多機関との重要性について
「ネットワーキングの意義・目的・方法と相談援助における多職種・多機関との重要性について、あなたの考えを述べなさい」 というテーマのレポートを最後に転載。レポートを読む人はたぶん知らないだろうということを前提にかなりいいかげんなことも書いている。**区の就労支援のネットワークっていっても、なんとなくできているのは知的障害分野だけだったりするし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/11 01:37
特別支援学校は障害者権利条約とはなじまない
なんか多くの人が特別支援校に行くのが当たり前って思ってるみたいなんですが、日本の締結したので守らなければならない、憲法よりは下位の規範だが、一般の法律よりも上位にある障害者権利条約にはこんな風に書かれてるのを思い出したほうがいいと思います。 〜〜〜〜〜 24条2項から (a) 障害者が障害に基づいて一般的な教育制度から排除されないこと及び障害のある児童が障害に基づいて無償のかつ義務的な初等教育から又は中等教育から排除されないこと。 (b) 障害者が、他の者との平等を基礎と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/09 10:40
 「相談援助における理念の意義について」
前に書いたレポートがでてきたので掲載その2 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/05 06:13
【「ダウン症」で生まれた子どもは不幸ですか?】という記事へのコメント
以下はフェイスブックのノートに残したんだけど、こっちにも残します。 〜〜〜〜 フェイスブックが「長い投稿はノートに」とか言ってきたので、ノートにも残すことにした。 【「ダウン症」で生まれた子どもは不幸ですか?】という記事 http://toyokeizai.net/articles/-/109130 この記事のコメント欄に書いたのは以下なのだけど、ここで引用した意見に反論したくなったから。 まず、その意見の全文を紹介。 私 は、30年ダウンの子供に接して来たので、ダウン症の人には親... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/24 03:55
障害の「ICFモデル」と「条約モデル」(東俊裕さん)
障害の「ICFモデル」と「条約モデル」(東俊裕さん) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/24 03:03
「ズレてる支援!」メモ(前半・第一部)
「ズレてる支援!」メモ(前半・第一部) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/05 23:36
「(仮称)大田区における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領」(素案)について意見
「(仮称)大田区における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領」(素案)について意見を募集の締切が1月4日だったので、正月休みに考えたもの。 (まだ、送っていない) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/02 15:13
"reasonable accommodation" は『合理的配慮』か
reasonable accommodation を日本では『合理的配慮』と訳されるのだが、このことについて誰かが"reasonable accommodation"をこんな風に訳すのはおかしい(なぜ問題かといえば、「配慮」には「してあげる」というようなニュアンスが含まれるから、というような話だったとおぼろげな記憶)、と言っていたのが気になっていたので、とりあえず、手軽に英辞郎くんに聞いてみた。 reasonable accommodations 手頃な宿泊施設 pro... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/12/27 21:20
『ノーマライゼーション』の意味について
 (b) 『ノーマライゼーション』の意味について、あなたが理解したことをあなたの言葉で述べなさい ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/20 08:52
『発達障害チェックシートできました』ってタイトルはえぐいでしょ(笑)
3月発行の「たこの木通信」に書いた原稿。最後に少し補足 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/28 05:18
「就労担当者セミナー」メモ
以下のページの https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/fukushi/shougai/hataraku/shienjigyo.html ネットワーク事業に位置づけられている「就労担当者セミナー」に参加 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/12 19:31
『末期を超えて』メモ
末期(まつご)を超えて -ALSとすべての難病にかかわる人たちへ- 川口有美子 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/23 09:18
『ケースワークの原則』についてのメモ(追記あり)
『ケースワークの原則』についてのメモ(追記あり) 『ケースワークの原則 [新訳改訂版]援助関係を形成する技法』 という本、レポートを書く参考にしようと借りたのだが、読む本が大杉で次に予約している人もいるということで、あまり読まずに返却するにあたって、Webからひっぱってきたものを中心にメモを残す。ま、これでほとんど読んだような気分にはなれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/05/20 07:42
「バリアフリー・コンフリクト」メモ
読書メーターへの直後のメモ第4章 障害者雇用って本当に必要なの?――制度の功罪と雇用の未来(岡 耕平)』という章のタイトルに惹かれて図書館で借りた。この4章、タイトルは少し誇大広告かなぁという印象。ただ、後半の理論の部分、とりわけ飯野さんのところは面白い。 出版社HP http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-052024-9.html から ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/02/15 00:17
『生き心地の良い町』メモ
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?code=217997 から 『生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由(わけ)がある』  著:岡檀  発売日:2013年07月22日 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/24 06:48
「条例のある街」メモ
『条例のある街―障害のある人もない人も暮らしやすい時代に』野沢和弘著ぶどう社2007年 メディアに紹介されたこの本の書評なども読める出版社のHPは http://www.budousha.co.jp/booklist/book/jourei.htm 読んだ直後に 読書メーターに書いたメモ 困難な議会工作。条例を通すため涙を呑んで削る原案。これらは障害者権利条約が批准される前の話だ。いまなら、その条約の批准を盾にして、こんなにも削られることもなかったかも。背景には堂本知事に対... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/23 20:43
『岩波講座 現代の教育〈第5巻〉共生の教育』メモ
『岩波講座 現代の教育〈第5巻〉共生の教育』の読書メモ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/18 14:00
「おおた障がい施策推進プラン」(素案)パブリックコメント
「(仮称)おおた障がい施策推進プラン」(素案)についての意見募集 http://www.city.ota.tokyo.jp/oshirase/mokutekibetsu/fukushi/20141126140310809.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/07 05:23
【39窃盗団】を一度観てから知的障害を考えてみるディスカッション(資料として)
もう、今日(2014年10月18日)ですが、こんなのやります。 《鶴ちゃんの【39窃盗団】を一度観てから知的障害を考えてみるディスカッション》 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/18 03:44
『刑期なき収容―医療観察法という社会防衛体制』メモ
読書メーターに最初に書いた感想 丁寧な取材に基づいて書かれているし、問題意識も鮮明で、知ならなかったこともたくさん書かれている。しかし、何かが足りないような気がする。うまく言語化できないのだけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/12 11:55
『居場所を探して 累犯障害者たち』 メモ
長崎新聞の連載をもとにした書籍 http://www.airinkai.or.jp/news/ibasyo.html で、1章はほぼ全文を読むことができる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2014/10/04 10:13
視覚障害の女の子を蹴ったのが知的障害の人だったという問題
視覚障害の女の子を蹴ったのが知的障害の人だったという問題、いろいろ考えさせられます。 https://twitter.com/nhk_shutoken/status/510385856557744129 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/13 04:39
ナチスによる精神障害者や知的障害者などの虐殺(「安楽死」)犠牲者の「記念と情報の場所」除幕(一部変更
ナチスによる精神障害者や知的障害者などの虐殺(「安楽死」)犠牲者の「記念と情報の場所」除幕(一部変更 最近知り合ったドイツの追悼施設に詳しい米沢薫さんからの情報です。米沢さん、忙しい中、ありがとうございました。推敲してもらって、文章が変わっています。引用されるかたは新しいバージョンを使ってください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/12 02:34
就労支援について話すために準備したこと
トランジッション カフェ トークギグ 話す準備 2014年8月14日 16:49 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/03 01:30
『未来を拓くエシカル購入』メモ
これもフェイスブックのノートから、書きかけだけど、とりあえず保存 〜〜〜〜〜 『エシカル購入』実は、自分の職場が生き残るために必要なんじゃないかという不純な動機で読んだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/26 02:45
『概説 障害者差別解消法』メモ(ちょっと追記あり)
4月19日の朝、公開したのだけど21日2:30AMにちょっとだけ追記 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/19 09:18
DETについて(追記・蒲田での紹介イベント満員御礼)
以下に紹介したイベント、おかげさまで満員御礼です。 ありがとうございました。 〜〜〜〜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/02 10:33
障害学のリハビリテーション」メモ その1(書きかけ)
障害学のリハビリテーション」メモ その1(書きかけ) 2014年1月8日 6:28 書きかけの話をしたら、読んでみたいと言ってくれた人がいたので、掲載。 もしかしたら、読んでみたいのは本の方かも(笑)。 ちなみに、この本をきっかけにして企画することになったイベントは今週土曜日(2014年1月11日) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/08 06:54
『生活保護から考える (岩波新書)』読書メモ
読書メーターに書き始めたメモからの転載を中心にっていうか、全部それだ。ほんの少しだけ加筆してある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/31 06:21
全カリ 近代社会システムを問い直す 2006/12/12
7年前のレジュメがPCの底からでてきたので掲載。 以前に掲載しているかもしれない。 たぶん、立教・新座キャンパスでのゲストスピーカー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/15 03:43
「障害のある子の親である私たち」(福井公子さん著)メモ
「障害のある子の親である私たち」(生活書院)、9月の障害学会で購入した本。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/19 03:01
『その一言が言えない、このニッポン』 辛淑玉著メモ
読書メーターに書いたものに加筆して再構成。読み返してみると、違和感だけを書き連ねている。ま、同意できる話は書いていてもあんまり面白くないのはどうしてだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/14 23:39
『五体不満足 完全版』メモ
もう、1ヶ月以上前になるけど、彼へのレストランの拒否と、そのツイートをめぐって議論があって、それに触発されて、この「完全版」で付け足された部分を思い出して、読み返してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/10 06:19
ゆうなの花の季と(伊波敏夫著)メモ
勢いで古本を2冊購入して、続けざまに読んでしまった伊波さんの本。 1冊目のメモは http://tu-ta.at.webry.info/201306/article_3.html  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/15 20:42
『ハンセン病を生きて』(伊波敏男著)メモ
色平哲郎さんが伊波さんの新しい本を紹介しているのをFBで読んで、まだ読んでない本が他にもあることを知り、例の巨大本屋サイトの古本を買った。この本と『ゆうなの花の季と』 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/06/14 05:42
『発達障害チェックシートできました』メモ の目次(修正しました)
すぎむらなおみさんが 『エッチのまわりにあるもの――保健室の社会学』 という本を出していることを http://booklog.kinokuniya.co.jp/ito/archives/2013/05/post_44.html で知って、『発達障害チェックシートできました』に関して、いっぱいメモを書いたことを思い出した。 で、いっぱい書いたのに目次がないことを思い出して、作ってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/06/01 04:16
「さらさらさん」大野更紗著 メモ
まず目に付くのは、小口に見える印刷。右からずらすのと、左からずらすので絵柄が変わる。 印刷屋として、これは気になる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/05/26 13:45
再び「車いす体験」に関わることになって
18日の土曜日、工場のすぐ近くの廃校になった小学校跡地にできた区民施設での、車いす体験にかかわることになった。ぼくの疑似体験についての想いを伝えなきゃなぁと思いながら、結局、忘れていた。直前っていうか、実施当日の早朝というか、深夜、この問題で昔、いくつか書いたものがあったことを思い出した。そこで、ブログのURLをまとめたものを、このグループのサイボウズライブに投稿した。それはこのブログの後半に掲載してある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/20 03:12
知的障害者と親密圏 『知的障害者が入所施設ではなく地域で生きていくための本』に触発されて
よい支援? メモその4 (完結編のつもり) http://tu-ta.at.webry.info/201108/article_9.html に書いた話なのだが、読み返してみて、いいたいことがわりとまとまっていると思ったので、以下に独立させて公開。 〜〜〜〜〜 「知的障害者が入所施設ではなく地域で生きていくための本」 http://www.seikatsushoin.com/bk/055%20chitekishogaisha.html という本があり、その説明文には以下のように書かれて... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/14 19:20
『はじめての認知療法』 メモ
2011年の7月、読書メーターにいくつかかいていたのでこっちにもコピペ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/14 18:59
『いのちの選択――今、考えたい脳死・臓器移植』メモ
3・11のちょうど1ヶ月前に読んでいた(らしい)本のメモがトゥギャッターに残っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/04 06:27
2012年 共同連大会『日本発 共生・共働の社会的企業』本の紹介セッションの報告+コメント
2012年の共同連大会で行われた『日本発 共生・共働の社会的企業』という本の紹介セッションの報告を共同連の機関紙「レザミ」に書いたので、ここにも記録。これ先日、受け取ったが、発送作業はこれから、とのこと。 あと、これを紹介した後に、ここに書きたかったことをちょっとだけ補足。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/30 05:54
障害者就労支援施設で働く人のために(障害者権利条約との関連で)
タイトルに「障害者就労支援施設で働く人のために」と書いたが、これはそういう場所で働く自分が忘れないためのメモです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/03 06:32
「エンパワメントの作業定義」に触発されて
すごく久しぶりのブログ。 いろいろあったことや読んだ本のことを書きたいんだけど、書けなくなっている。歳のせいか(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/09/13 04:04
多摩市における重度知的障害者の自立生活(『よい支援?』メモその5(追加))
「良い支援?」 第3章 それぞれの自立生活への道と自立生活獲得のための支援 のメモ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/03 05:01
福祉工場の現場から
共同連という団体の「レザミ」という機関紙への原稿。 自立支援法が名前だけ変わって存続することになって、ちょっとずれた原稿になっている面も否めない。1月末に書いた文章だけど、その時期にも自立支援法の中身は変わらないのではないかという話は少しは出ていたかもしれない。もっと前から予言している人もいたけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/05 05:38
『小児科医が診た放射能と子どもたち』メモ
昨年、暮れに購入してすぐ読んだブックレット。 こちらにもメモしておこう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/25 05:41
自立支援法体系への移行と「B型 就労支援」への私見
某区の就労支援担当者会議の分科会で配ったメモが残っていたので、固有名詞を伏字にしてテキストで貼り付け こんな風に施設に人を集めるみたいなことをやるなんて想像もしてなかったのだけど、・・・。飯の種だしなぁ。 こんなことしてて、ほんとうにいいのかっていう思いは忘れないようにしておこう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/21 05:08
べてるウィルス感染症候群
べてるウィルス感染症候群について、辻信一さんが「しないこと」で紹介している。以下、引用 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/17 08:17
JDF全国フォーラムで手を上げてしゃべったことに加筆
フェイスブックに書いたので、こっちにも貼り付けておこう。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/06 19:47
「介護者の権利章典」を読んだ。(追記あり)
「Ashley事件から生命倫理を考える」 http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara っていう好きなブログがあって、ときどき読んでいる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

2011/10/23 06:51
別の観点からのSST批判
久野能弘さんという人が心理学の専門家というような立場から、現状のSSTのありかたを批判しているのを見たのでメモ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/07 16:35
『バリアオーバーコミュニケーション』読書メモ
先日、偶然いっしょに飲むことになった堀越喜晴さんの2009年の本。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/06 18:03
「発達障害当事者研究」読書メモ
発達障害当事者研究―ゆっくりていねいにつながりたい (シリーズ ケアをひらく) 綾屋 紗月,熊谷 晋一郎 著 (2008/09) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/05 04:42
映画「人生、ここにあり!」メモ 9/5追記
最初にツイッターやフェイスブックに書いたものの転載。一部改変している。 「人生、ここにあり!」見てきた。すごくよかった。舞台は1983年のミラノ。イタリアでは1978年のバザリア法の制定で、次々精神病院が閉鎖。その移行期に病院直営のやるきのない作業所(これが社会的協同組合の前身の社会 連帯協同組合)が変化していく。社会的事業所などに興味のある人は必見。 2011.08.29 00:29 パンフレットに秦早穂子さんが書いているが、「なんなる無鉄砲なユートピア賛歌ではない」。その急進的なやり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2011/08/31 03:37
『べてるの家の当事者研究』メモ
いくつか引用。ほんとにメモ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/08/27 10:19
『障害者の経済学』読書メモ
著者名等をブログに入れていなかったので、検索でヒットしなかったのを反省して、2015年2月27日に追記 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/24 20:18
よい支援? メモその4 (完結編のつもり)
このメモ、これまでの経過 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 2

2011/08/12 08:44
【良い支援?】メモ その3
その2 http://tu-ta.at.webry.info/201108/article_4.html の続き 「第6章 当事者に聞いてはいけない──介護者の立ち位置について」 に関するメモ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/08/09 13:20
「支援のかたち/支援のゆくえ――地域で障害当事者を支えるという生き方」に参加して
もうかなり前の話になるが、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/08/08 18:13
【良い支援?】メモ その2 (追加あり)
【良い支援?】メモ その1 http://tu-ta.at.webry.info/201107/article_16.html  の続き ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2011/08/05 17:34
《べてるの家の「非」援助論》メモ (SST以外について)
「べてるの家」のSSTについて ( http://tu-ta.at.webry.info/201107/article_12.html ) はもう書いたので、それ以外の部分について ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/03 03:16
【良い支援?】メモ その1
良い支援?―知的障害/自閉の人たちの自立生活と支援 寺本 晃久 (著), 末永 弘 (著), 岩橋 誠治 (著), 岡部 耕典 (著) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 2

2011/07/28 13:27
《精神医療論争史》メモ、その4
第12章 ● 谷中輝雄とやどかりの里 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/25 04:58
《精神医療論争史》メモ、その3
http://tu-ta.at.webry.info/201107/article_13.html で、この本、『精神医療論争史』 http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-8265-0316-7.html (版元ドットコム、ここに目次などがある) の第11章●地域リハビリテーションの時代 の2節までのメモを書いた。続けて3節 (3 ● 「訓練指導」か「自主運営」か)以降ののメモ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/24 21:17
《精神医療論争史》メモ、その2
この本のSST批判についてのメモを http://tu-ta.at.webry.info/201107/article_9.html に書いた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/07/24 08:58
「べてるの家」のSSTについて
「べてるの家」のSSTが気になるんだが、5000円の本(『認知行動療法、べてる式』)は買えないし、大田区にないからリクエストしようかと考えているところ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/07/23 09:07
「SST批判」について《精神医療論争史 : わが国における「社会復帰」論争批判 》から
精神医療論争史 : わが国における「社会復帰」論争批判 浅野弘毅 著 批評社 2000 (メンタルヘルス・ライブラリ- ; 3) の15章「生活技能訓練(SST)の陥穽」にSSTの問題が詳しく書かれている。ここから引用とメモ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 0

2011/07/20 03:34
『発達障害チェックシートできました』メモ その7(最終のはず)
第3部  《8.「ふつう」観を といなおす。》 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/07/19 17:56
SSTについて再び(『発達障害チェックシートできました』メモ その6でもある)
「SSTについて(『発達障害チェックシートできました』メモ その2でもある。」に、この本のSST批判がもうひとつじゃないか、というようなことを書いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/07/17 04:03
『発達障害チェックシートできました』メモ その5
6 正論と知恵 (「ただしい」より、たいせつなこと) 再びここのLLページから転載 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/07/17 03:18
「駅が暗いのは困る」という友人の声
以前、大田区のまちづくりにいっしょにかかわっていた友人(少し年上の女性なので、友人というのは失礼かなぁ)からメールをもらいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/17 01:43
『発達障害チェックシートできました』メモ その4
5.「制度づらし」と診断名 (だれかに「病気です」と きめられる ことの 意味) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2011/07/14 07:02
『発達障害チェックシートできました』メモ その3
『第3部 同化と異化の共存という課題』 まず、このタイトルが興味をそそる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/07/06 08:25
『チェルノブイリは女たちを変えた』読書メモ その5 と その6
フェイスブックのノートで書いてた読書メモ、その5とその6をちょっと補足して掲載。いま、読み返すと、本当に中途半端なメモなんだけど、ま、しょうがない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/06/29 06:51
「かかわりのなかにある支援」三井さよさん メモ (雑誌『支援』Vol.1集録)
雑誌『支援』Vol.1特集《「個別ニーズ」を超えて》収録の三井さよ論文「かかわりのなかにある支援」がとても興味深かったので、F.B.のノートに書き溜めた。 だいたい書き終わったので、こっちに転載。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2011/06/27 20:15
SSTについて(『発達障害チェックシートできました』メモ その2でもある。
フェイスブックに書いていたのをさっきアップロードしたのだけど、その2も続けてアップ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/06/20 16:32
『発達障害チェックシートできました』メモ その1 (6/21追記あり)
蒲田教会の林牧師がF.B.に『誤読ノート』というのを書いていて、タイトルがとても気に入った。ぼくも林牧師にならって、「読書メモ」じゃなくて、「誤読メモ」にしようかなと思ったり。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 3

2011/06/20 16:28
弱視と節電
弱視の人が節電で暗くなったことをどんな風に感じているのか、という問題にツイッターで気づかせてもらいました。 実際、どうなのだろうと考え、障害学のMLに以下の投稿をしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/19 05:54
『概説 障害者権利条約』(第17章 労働と雇用)メモ
『概説 障害者権利条約』松井亮輔・川島聡(編)2010年 法律文化社 の「第17章 労働と雇用」の部分についてのみの抜書きとほんのちょっとした感想 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2011/06/10 17:51
『技法以前』メモ
『技法以前』メモ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2011/04/22 00:30
苦しめられているものたちのためのクリード(信念・深い(応えられた祈り) (『技法以前』メモでもある)
6月28日に少し追記・訳文訂正(2107年2月7日、再度改訳) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/18 05:13
『2011 3 26 藤田祐幸さん講演 長崎 』から
2011 3 26 藤田祐幸さん講演 長崎 http://www.youtube.com/watch?v=3UAY2oXyInk ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/04/01 08:10
原発事故と障害者 (3/31と4/4夕方追記)
原発事故に関連して「障害者を産みたくない」というような言説について ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2011/03/29 05:42
《粂 和彦(さんの)のメモログ》の 『書評:リハビリの夜 熊谷晋一郎』での熊谷さんのコメントに
気がついたら、福島原発のことばかり気にして、PCに貼りついている自分がいた。ちょっとまずいんじゃないかと思うけど、なかなか抜けられない。 【災害時のメンタルケア】 http://tu-ta.at.webry.info/201103/article_7.htmlに書き写したことを自分で忘れてる。危ない、危ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/03/21 09:29
移植医療・パレスチナ・イスラエル
いくつかのMLに今日、AJF事務局の斉藤さんの障害学MLへの投稿を許可をもらって転載した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2011/02/01 18:53
〜APECとはなんだったのか〜2011-1-22討論集会 横浜ビジョンVS横浜民衆宣言
巻き添え逮捕された芸能人は、90%以上の確率で薬物依存症なのでしょうから、逮捕・拘留よりもダルク等での回復訓練が必要なんでしょうが、そんなことは置いて・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/18 18:22
迎春
あわてて年賀状を書いて出しました。 ブログのように長い文章です。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/01/01 07:28
「生き延びるための思想」の読書メモ3
「「生き延びるための思想」の読書メモ2 (この本のタイトルについて)」について ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/20 08:26
『途上国障害者の貧困削減 』(岩波書店)について障害学MLに書いたこと
森さん、本のご紹介ありがとうございました。どんな本か、もっと知りたいなと思っていたら岩波書店のページから森さんが書いた序章が立ち読みできました。(目次も) http://www.iwanami.co.jp/.PDFS/02/5/0257930.pdf ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/09 19:43
『リハビリの夜』メモ 2015年2月に少しだけ追記
『リハビリの夜』熊谷 晋一郎著 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/09/23 20:27
『逝かない身体―ALS的日常を生きる』メモ
川口さんの『逝かない身体―ALS的日常を生きる』、ずっと読もうと思っていたのだが、やっと読んだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/09/19 07:22
『JD結成30周年記念シンポ』
日本障害者協議会(JD)結成30周年記念 公開市民シンポジウム すべての人の社会へ 国際障害者年から障害者権利条約実現への歴史・情勢・人間に学ぶ http://www.jdnet.gr.jp/news/2010/07/symposium.htm に参加した。よくわからないシンポだなぁと思っていたが、職場での動員などもあったし、連れも参加するというのでぼくも行くことにしたのだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/18 05:49
《「障害の社会モデル」とエンパワメント》という松波 めぐみさん論文から
以前、 社会モデルとエンパワメントの両方が必要 http://tu-ta.at.webry.info/200905/article_3.html というのを書いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/05 00:52
安永健太さんはなぜ死んだのか
7月30日金曜日、以下の集まりに参加した。 === 障害がある人の人権と地域生活を考えるフォーラム −佐賀・安永健太さんの死亡事件の真相究明を通して− === http://www.jdnet.gr.jp/news/2010/07/forum.htm ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/02 17:20
福祉工場とソーシャルファーム (2011年2月10日追記)
今年(2010年)2月に書き始めたものだが、書き終える事ができなかったもの。 本当はドイツのソーシャルファームに関する講演の報告が書きたかったのだが、そこまで行きつかなかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/31 09:33
オルタナティブな社会をめざすことと障害者の問題の連関について
表記のタイトルでMLに投げたものをこっちにも残すことにした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/27 05:05
障害者自立支援法『改正案』廃案を受けて
障害者自立支援法『改正案』の廃案が今日、夕方確定したというニュースを受けて、障害学のMLに投稿したものを記録として、ここにも残しておきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/06/17 01:59
社会運動の観点から読む「ミレニアム1〜3」
大田区の図書館で予約して、忘れた頃にやってきたミレニアム1の上。面白くて、すぐに引き込まれてしまった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/23 04:24
「くるみくるまれるいのちのつどい」について
花崎さんから以下のメールが来ました。問い合わせたら、ブログに転載してもいいとのことだったので、転載します。いのちの問題、こういう角度から考えること、大切だと思います。 ===== 小さな会を立ち上げようとしています。出発はハンセン病の問題であり、いまもその続きではありますが、より広いいのちの倫理の問題を考え行動する会です。ちらしと趣意書(ちょっと長いです)を添付します。生殖や生命倫理に関心を持つ方々へ、情報として流せる ところがあれば流してくだされば幸いです。花崎皋平 ===== ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/20 19:42
「母よ!殺すな そして、母を殺すな!」
「母よ!殺すな そして、母を殺すな」というタイトルはインパクトがあるんじゃないかと思って書いてみた。しかし、よく考えたら、ジェンダー的にはかなり問題がありそうだ。どうして母だけが俎上にあげられなければならなかったのか。日本における母子関係の特殊性という問題なのか、それとも国境を越えた問題なのか。「母よ!殺すな」は復刻されるほど話題の本なので誰かが、あるいは著者自身がなにか書いているかもしれない。買ったまま積んでいるこの本をそろそろ読んでもいい頃だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/03/15 02:54
危険な働く義務とベーシックインカム
自分で書いてて違うと思ったこと http://tu-ta.at.webry.info/201001/article_19.html から以下に引用 ==== ベーシック・インカム派の人には批判されたりもするのですが、基本的に権利であると同時に義務である労働という考え方からなかなか離れられなかったりもします。その人の要介護度が計れるのであれば、労働にかかわるにあたって、どれだけの合理的配慮が必要かという度合いも測れるのじゃないかと思うのです。四半世紀も障害者と呼ばれる人といっしょに働いてきて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2010/02/01 02:47
「障害学の射程について」へのレスポンス
先日アップした「障害学の射程について」 http://tu-ta.at.webry.info/201001/article_15.html に二人からレスポンスをもらった。真摯なレスポンスはすごくうれしい。どうもありがとうございます。お二方。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/31 03:01
障害学の射程について
先日、 「怯えの時代」メモ その4 http://tu-ta.at.webry.info/200912/article_8.html で以下のようなことも書いた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/01/27 01:14
「障害者だから変えられる!」
知り合いのmixiの日記に掲載されていた文章を転載。最後にぼくのコメントも少し。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/17 07:43
この世でいちばん大事な「カネ」の話 読書メモ
大田区の図書館の貸し出しベストいくつとかいうページを偶然見ていて、気になったサイバラの本。PCを思わずクリックして予約して読んだ。本は1時間くらいで読める内容。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/18 00:16
野崎さんの報告について 追記
野崎さんの報告要旨を読んで、触発されるものがあったので、あわてて忘れないようにメモを書いたのが 「はたして、ほんとうにそうか。」 http://tu-ta.at.webry.info/200908/article_18.html なんだけど、確かにあわてて書いたメモだけのことはあり、あまりにも穴が多いような気がしたので、少し補足追記。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/09/01 04:41
はたして、ほんとうにそうか。
障害学会のアナウンスを見て、気になった発表。 http://www.arsvi.com/ds/jsds2009.htm ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/31 18:17
『<民主党マニフェストを採点する>【4】障害者政策編』について
<民主党マニフェストを採点する> 【4】障害者政策編 http://www.peoples-plan.org/jp/modules/article/index.php?content_id=21 への批判をもらったので、メモとして残す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/24 00:31
「経済成長って 何で必要なんだろう?」読書メモ その4
その1 http://tu-ta.at.webry.info/200908/article_8.html その2 http://tu-ta.at.webry.info/200908/article_10.html その3 http://tu-ta.at.webry.info/200908/article_11.html の続き ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 4 / コメント 2

2009/08/22 05:02
**福祉工場の強みと弱み
もう1ヶ月前になるが、仕事に関する研修に行ってきた。 そこで課題が出された。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/26 11:06
ベーシックインカムについて考えた
READ主催のベーシックインカムの講座 http://www.read-tu.jp/index/2009/05/20090525.html に参加。 ベーシックインカム(BI)についていろいろ考えた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

2009/07/07 03:34
尊厳とは何か(メモ)
障害学のMLで「尊厳とは何か」という問いかけがあったので考えてみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/06/29 06:29
社会モデルとエンパワメントの両方が必要
「社会モデルとエンパワメントの両方が必要だ」という気がしてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

2009/05/02 07:27
ヘンでいい。  読書メモ その3
ヘンでいい。  読書メモ その1 http://tu-ta.at.webry.info/200904/article_13.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/04/28 04:43
ヘンでいい。  読書メモ その2
ヘンでいい。  読書メモ その1 http://tu-ta.at.webry.info/200904/article_13.html の続きっていうか、こっちがメイン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/04/27 01:55
ヘンでいい。  読書メモ その1
ヘンでいい。 「心の病」の患者学 斎藤学(精神科医)x栗原誠子(元患者) 2009 大月書店 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/04/26 08:41
『人と出会うこと』ジャン・バニエ著 読書メモ
どこかで偶然、こんな本が発行されていると知り、セブンイレブン経由で購入。 2004年アイルランドのロンドンデリーでのシンポジウム「他者と出会う」での講演の記録とのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/14 04:25
障害者自立支援法「改正」案について
障害者自立支援法「改正」案について ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/07 08:46
『利用者負担について、応能負担を原則に』
3月31日「障害者自立支援法等の一部を改正する法律案」が提出された。 「利用者負担について、応能負担を原則に」と明記されている。 これは障害者運動の大きな勝利だと、声を大にして言っていいと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/04 03:02
サムハルに関する連載を紹介するつもりが某法人批判に
障害学のMLに知り合いのSさんがサムハルの記事を紹介していて、そのレスポンスとして書いたものに原型をとどめないほど改変して、以下。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/21 02:48
日経ビジネスON LINEの神野直彦インタビュー
日経ビジネスON LINEの神野直彦インタビュー ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/01/18 23:07
「家族神話」があなたをしばる<読書メモ>
いろいろあって、回ってきたので読んだ本。 興味深い記述を少しメモ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/18 14:09
番組紹介「こんな福祉番組が見たいねん!」
知り合いが制作にかかわった番組。 これはちょっと異色で面白いはず(生番組だし、見てみないとわかんないですが)。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/05 06:28
「介護・コミュニティ・親密圏」について
「介護・コミュニティ・親密圏」について ここで紹介した友人限定の日記の人に 「でも、基本は生存権の保障でしょう」という反論をもらった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/25 04:58
オバマの勝利演説
少し評判になっていたオバマの勝利演説を遅ればせながら、日本語で読んでみた。 http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20081105-05.html ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 4

2008/11/18 06:04
「生きていることの肯定」
「生きていることの肯定」 〜障害学・環境・サブシステンス〜 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

2008/11/16 08:19
「資本主義をどう超えるか」(関 曠野さん)
吉田太郎さんのブログで先日のイベント「地域のチカラ」の話が紹介されている。 http://pub.ne.jp/cubaorganic/?entry_id=1776385 (吉田さんに話をしてもらったことには触れられていないけれど) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/14 05:22
エンパワメントと人権(読書メモ6)
自分でもあんまり予想しなかったけれども、この読書メモでひっぱっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/10/29 04:10
エンパワメントと人権(読書メモ5)
今日は3章「女たちの人権」で付箋を貼った部分の抜書き&メモ ===  性暴力は実は女性問題ではなく男性問題なのである。過去30年間をかけて性暴力の問題を解明し、その対応策、防止策を生み出していったのは女性たちの力だった。一体いつになったら男性たちは「自分はそんな男じゃないから」と無関心を装うことを止めて、暴力の問題を男性全体の問題として真摯に引き受けていくのだろうか。 93p === ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/10/26 01:12
「就労継続支援事業利用者の労働者性に関する留意事項について」について
厚生労働省からH18に出され、H20にほんの少しだけ改定された表題の通達について、この表題に問題というキーワードを加えてグーグルで検索してみた。問題点の指摘はなかなか見つからなかったが、 「福祉・介護・・・のソーシャルコミュニティ Wel(ウェル)」の掲示板にいくつか出ていた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 1

2008/10/08 19:01
書評というより感想「欲望する、<男>になる」(古文書)
書評というより感想「欲望する、<男>になる」(古文書) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/05 13:18
小冊子「自分らしく街でくらす」
どこかで誰かから買ったのか思い出せないこのパンフレット。手に入れたのは、もうずいぶん前だ。2004年このパンフレットが出た直後だと思う。訳者の斎藤明子さんからか、そうでなければ障害学研究会の打ち上げで誰かから。散らかり放題の部屋で、なぜか目に付くところにあって手にする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2008/08/23 09:27
「エコフェミについて」追記
「リニューアルした『オルタ』とエコフェミについて」について 昨日、UPしたエコフェミについての記述 「どこかで80年代の日本でエコフェミが殺されてしまったことの問題を書いたような気がして、文章を探したが、見つからない」 これが見つかったので補足 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/22 07:01
リニューアルした『オルタ』とエコフェミについて
某古書カフェの店主兼デザイナーが紹介してくれて、オルタの印刷に仕事でかかわった。 PARCの会員を続けようかどうか決めかねていた時期だったんだけど、流れでこうなって、「えいやっ」って感じで、かかわることにした。編集者からの、リニューアルした『オルタ』の紹介は以下。販売、苦戦しているようです。協力できる人はぜひ、協力してあげてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/07/21 07:36
「リハビリテーションを問い直す」
工場に送られてきている「リハビリテーション」(鉄道身障者福祉協会)という雑誌、工場の廊下にぶらさげてあるものの、いままでほとんど読んだことがなかったのだが、今日、偶然手にして、ここに掲載されている論文が目に付いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/05 19:36
『「心の専門家」はいらない』読書メモ その2
『「心の専門家」はいらない』(1章)読書メモ http://tu-ta.at.webry.info/200805/article_11.html の続き ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/05/31 10:50
ポリオ「根絶」計画をどう考えるか?(古文書)
古文書シリーズは続く。以下のタイムスタンプのメール。 Date:Sun, 11 May 2003 16:37:53 +0900 少し編集して転載 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2008/04/26 04:20
「ひきこもり」救出マニュアル 読書メモ
わけあって、『「ひきこもり」救出マニュアル』を読む。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2008/04/05 08:14
書籍テキストデータ化問題について
まず書籍テキストデータ化とはどういうことか? 知らない人もいるかもしれないが、視覚障害者が本を読むためのハードルはどんどん低くなっている。コンピュータで読めるからだ。コンピュータで視覚障害の人が本を読む方法は音声化とか点字化とかあるが、データが提供される場合も、OCRで取り込む場合も、ぼくが知る限りではテキストデータから読むことになる。書籍を購入すると、テキストデータ引換券がついてくる書籍が増えている。 テキストデータ入手可能な本な本のリストは http://www.arsvi.com/d... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/03/19 21:49
自立と依存
先日の「おひとりさまの老後」読書メモ で少しだけ紹介した 内田樹の研究室の「一人では生きられないので死んで貰います」 にでている自立の話、面白いので(でも同意できない部分も小さくないのだが)、ここにもちゃんとメモしておこう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/03/13 05:05
「だれか、ふつうを教えてくれ!」読書メモ
「だれか、ふつうを教えてくれ!」 倉本 智明 (著) 理論社 2006年 ちょっと知り合いの倉本くんが一昨年出した本。いままで読んでなかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/01/12 08:19
「モリー先生との火曜日」読書メモ
「モリー先生との火曜日」ミッチ・アルボム著(1998年NHK出版) ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/12/18 07:43
「ニキ vs 倉本」本は「おあずけ」
生活書院から新刊案内が送られてきて、そういえば、ニキさんと倉本さんの本がでるはずというのを思い出した。この案内の中には無いので、ウェブで探していたら、以下のようなブログ記事がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/13 18:26
「発達障害とメディア」読書メモ
発達障害についてのお勉強シリーズ続き == 発達障害とメディア 野沢和弘+北村肇 編著 現代人文社 2006年2月初版 == 巻末の「発達障害の基礎知識」がコンパクトでわかりやすい。 そこから、いくつか抜書き。 == ・・・。これまでの考え方では理解し難い、青少年の心の問題が報道されている。これらの中には、幼少期より問題を抱えており、青年期になり顕著になった例や、周囲や本人もまったく意識していなかった例がある。一見、不可思議に思える、これらの少年の持つ独特の考え方が理解できると... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/01 05:19
「発達障害かもしれない」読書メモ
発達障害についてのお勉強シリーズ続き ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 1

2007/11/29 05:21
「所属変更あるいは汚名返上としての中途診断」読書メモ
「発達障害」についての勉強の続き ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/11/26 07:10
自閉症スペクトラム 読書メモ
 ここには書けない話で昨日は午後から早退して、Rメンタルクリニックで受診。オレンジ色のフリースを着ている医者と少し話す。発達障害についての本を読んでくださいと言われる。診察室の本棚にニキ・リンコさんの本があるので、彼女のこと少し知ってますという話をしたあとで、どんな本を読めばいいのか聞くと、「彼女の本を全部読んでみてください」とのこと。  彼女の本なら読んでもいいかなと思いながら帰宅。素直なぼくはすぐに図書館へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2007/11/21 07:48
「生き延びるための思想」の読書メモ2 (この本のタイトルについて)
「生き延びるための思想」(上野千鶴子著)の読書ノート1 この作成日時が 2006/05/16になっている。もう1年以上も前だ。先日遊びにきた双子の孫が本棚から引っ張り出して散らかしてくれたので偶然手にしたこの本。メモを続けて書いてみよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2007/09/08 15:21
「障害とは何か」読書メモ(5)星加さんのユニバーサルデザイン批判について
まず、最初に言い訳。いままでぼくが書いたことと、この星加さんの本を読み返してみると、赤面したくなるようなぼくの読みの浅さがいくつもあるし、星加さんの本の読書メモに限らず、これからもいろいろあると思うのだが、とりあえず、思いついたことを字にしておこうと思う。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/09/04 04:33
「障害とは何か」読書メモ(4)
この本で決定的に重要なのが社会モデル批判だろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/03 00:21
ギャンブル依存症について
この間、ギャンブル依存症(病的賭博)関係の本をいくつか読んできた。けっこう大きく広がっている問題であるにもかかわらず、あまり知られていなかったり、公的なサポートがほとんどない実体を少しだけ知る。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 6 / コメント 3

2007/08/25 08:42
「依存症」の理解 読書メモ その2
先日に引き続き 「依存症」の理解 の回復から新生へ 今道裕之・滝口直子編 http://community.books.livedoor.com/item/5900/i871555/ を読んで、抜書きと少しの感想。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/23 05:58
「心身障害者団体の発行する定期刊行物の割引」と郵便局の「民営化」について
知らない人もいるかもしれませんが、「心身障害者団体の発行する定期刊行物」の郵送料については割引があります。また、点字郵便物は無料という規定もあります。 http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/tuzyou.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

2007/08/21 04:28
「障害とは何か」読書メモ(3)
「障害とは何か」読書メモ(2) http://tu-ta.at.webry.info/200707/article_17.html 続き ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/04 08:05
「障害とは何か」読書メモ(2)
 ちょっとハメラレたような感じもあるが、っていうか勝手に勘違いして、この本に関する土曜日の研究会の司会の役が回ってきた。というわけで、最後まで読むことに対するインセンティブがあがる。そして、読まざるを得ない状況に追い込まれた。久しぶりにちょっと背筋を伸ばさないと読みつづけることが困難であるような本を読み終えようとしている。(まだ5章が始まったばかりだけれども) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/07/24 01:00
「障害とは何か」読書メモ(1)
星加良司【著】 障害とは何か ──ディスアビリティの社会理論に向けて 生活書院 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/07/14 07:12
依存症問題での社会モデルと医療モデル
ギャンブル依存症に関するセミナーに参加していて、依存症の回復のために、医療モデルではなく社会モデルが必要なのだという言説がでてきて驚く。こんな風にも使うというのを知らなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 1

2007/07/09 05:18
「労働基準法適用外でいい」という意見について
先日書いた「作業所で働く障害者に新基準(読売新聞解説記事)」 というエントリーにmarchhareさんからトラックバック(TB)をもらって、気になっていたのだけれども、バタバタして、そのTBへのレスポンスが書けませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 1

2007/07/01 18:27
健常者という立場
昨日書いた 「漢字依存症の健常者を解放するための『健常学』」について にリボーさんからコメントをもらった。感謝感謝。参考文献と石川准という名前だけで推測したわたしが愚かでした。 リボーさんからのコメント再掲。 == 引用されてる石川さんの文章、『障害学への招待』ではなく『障害学を語る』からですね。第2章「平等派でもなく差異派でもなく」の結びの一文。原文はですます調なので、このあとに「と思います」という語がついてますが。 == ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/15 06:26
「漢字依存症の健常者を解放するための『健常学』」について
偶然にあべやすしさんの『障害学からみた日本語表記――漢字依存症という障害』という論文を彼のHPで発見。(前に見たことがあるかどうかは覚えていない) URLはこれ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/06/14 20:12
国連障害者権利条約について
障害学のMLでこの権利条約がその後どうなっているのかという議論があり、ぼくは知らないことが多かったので、ここで紹介。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/05/26 05:26
作業所で働く障害者に新基準(読売新聞解説記事)
作業所で働く障害者に新基準(読売新聞解説記事) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/05/18 18:49
CBRと社会モデル
2時間前、部屋で探し物をしているとき、2003年のJANNET(障害分野NGO連絡会)の研修会の報告書が出てきた。そこでざーっと読んでコメントが書きたくなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/05/18 06:29
「「コミュニケーション障害」について」へのコメントから考えたこと
「「コミュニケーション障害」について」のコメント欄でhituziさんに 「コミュニケーション障害は、こんなふうに構築されるのか、という一例としてみました(笑)」と指摘。 ちょっと考えてみる。 扱いにくい人がいる。そういう人が職場にいたら対応しなければならない場面は多い。ぼくの職場には障害者手帳保持者は多いのだが、扱いにくい人が手帳保持者だとは限らない。その人について、第三者と「あれって障害だよね」とかいう話をすることはある。そう考えることで扱い難さをもてあましている自分の気持ちを抑えたり、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 40 / コメント 1

2007/05/12 07:15
『ケアされるとはどんな経験か』読書メモ
季刊atに連載中の「ケアの社会学」(上野千鶴子)、いままでもパラパラ見てきたのだが、太田さんの対抗暴力論を読みたくて遅れて購入した6号に掲載されている第5章の『ケアされるとはどんな経験か』は、いままで読んだ中で、ぼくにはいちばん面白かった。  そしてメモしようという気にさせられた。サティシュを追いかけてきた安曇野に向かうバスの中で書き始め、宿でも書き、帰ってからも書いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/07 07:27
「コミュニケーション障害」について
「コミュニケーション障害」といっても、聴覚障害や言語障害のことではない。それらの機能はあるのに、コミュニケーションをとるのが困難な人たちがいる。そのことについて少し書いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 17

2007/04/26 19:01
「障害者」というラベル
 最近、障害者というラベルについて考えさせられることが多い。具体的には東京都が発行している「愛の手帳」っていう手帳を持っている人と働き始めてから、考えることが多くなったのだが。「愛の手帳」というのは知的障害者と東京都が認めた人に発行している手帳。この手帳、都道府県で名前が違うようだ。この名称もどうかと思うが、「療育手帳」っていうのも変だ。  そう、今日書きたかったのは名前のことじゃない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 4

2007/04/26 07:36
職場の若い「聴覚障がい者」のコラム
 昨年、ぼくが働く福祉工場に若い「聴覚障がい者」が入社した。いっしょに働いていて、気持ちのいい青年。(いっしょに働いて大変な人は障害の有無に関わらずいるよね。(笑))  ぼくは分工場で働いているので、普段は接触がないのだが、先日忙しかったので、3日間応援に来てもらった。よく働いてもらって、とても助かった。そのとき、職場の人向けに書いた以下に転載するコラムを見せてもらった。いいコラムで、いっしょに働く人には必要な知識だなと思ったので、すぐにコピーして配布した。こんな自己紹介があるかないかで、その... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/18 17:58
「かなの家便り」から転載
ラルシュのことをここで少しだけ書かせてもらっています。 ラルシュに関わることを書いたものはテーマ「ラルシュ」でまとめているので、よかったら読んでみてください。テーマ「ラルシュ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/04/03 19:14
吉田さんと浅野さん
知り合いのブログへのコメントに少しだけ加筆して掲載 ===  吉田万三さんがいい人だということはいろんな人が言っています。しかし、彼の人気が一定の幅であればあるほど、あの差別主義者の当選の可能性が高まるのが悲しいですね。  「ただあの差別主義者にはどうしても去ってもらいたい」そう思うのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/01 07:26
困った勘違い ラルシュについて
「リンク元ページURL」を見ていたら、ラルシュとボランティアのキーワードでの検索結果があり、そこに「安倍昭恵のスマイルトーク」というブログを発見。首相のパートナーのブログで外遊で欧州に行ったとき、ラルシュ・ブリュッセルに行った報告が出ている。 「ラルシュ・ブリュッセル」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/31 20:20
韓国ドキュメンタリー映画祭に参加
 数日前、知り合いのヨンさまから電話があった。彼も中心になって企画している韓国ドキュメンタリー映画祭の障害者をテーマにしたワークショップで司会をしてくれないかという。某労働情報のAさんが紹介してくれたらしい。こんなドキュメンタリー映画祭で障害者がテーマのワークショップがあるというのが面白そうだと先日のブログで紹介したばかりだった。そのことをヨンさまにいうと、そのわりには賛同になってくれてないですねという。ヨンさまの押しの強さで、賛同者になる。  司会の件は大森高校プロジェクトの間の家事不在の問... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/11 17:02
大田「やさしいまちづくりの会」にかかわって(2002年に書いたもの)
 昨日から大森高校定時制での4年目の国際理解週間がはじまった。これについては別に書こうと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/06 07:16
韓国ドキュメンタリー映画祭で障害者運動をテーマにした作品
2月10日(土) に開催されるドキュメンタリー映画祭 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/02 18:41
JR大森駅の階段シールについて(続報)
 「JR東日本、もうちょっとうまくできたはずだと思うんだけど…。 」で書いたJRの階段のシールの問題の続き。知らない人がいるかもしれないので、以下に少し説明。  弱視の人は階段の境目が見分けにくい。そのために、ここが階段のエッジですよということを示すために、よく目立つ色のシールが貼られていたり、階段のデザインで段のエッジの部分を別の色にしたりしている。弱視の友人に言わせると、これがないと階段を歩くのはとても不便ということ。階段がスロープのように見えるらしい。そういうバリアをなくすために貼られて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/02/01 18:13
JR東日本、もうちょっとうまくできたはずだと思うんだけど…。
 大田区での障害者関連のまちづくりの団体にかかわっていて、そこで、弱視の知り合いから大森駅の階段の端についているシールの張り方がおかしいという話を聞いた。ぼくもいつも利用する駅の階段なのだが、当事者の人に聞かないとなかなか気づかない。その段の先端を表示するシールは最初の3段と最後の3段しか貼られていない。そして、段差のない踊り場の中央には張られていたりする。シールがなぜ必要かということが理解されていないのだ。(弱視の人には段の端が見えにくいので、それを明示するためのシールである。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/01/25 20:02
障害者雇用について(社会保険労務士日記でのやりとり)
社会保険労務士日記というブログでオレンジSRさんが、障害者雇用について == B社からTEL ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 0

2007/01/17 18:53
**福祉工場をどうする?
職場の会議で提出した文書、一部固有名詞の部分を変更して掲載 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/01/10 12:44
生存学について
立岩さんが生存学とか言い出していて、ちょっと興味そそられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/26 21:42
障害受容とリハビリテーション
MLに投稿したものに少しだけ手を加えて転載 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/12/14 05:46
「障害受容――リハビリテーションにおける使用法」についての研究会
以下、障害学研究会の案内です。 もう少し違う案内、あるいは内容についてのコメントを、近いうちに書きたいと思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/12/07 07:02
『障害の政治』あとがき関連 part3
先日来書いている 『障害の政治』あとがき関連 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/01 06:25
障害学は近代を超えるか?
先日、ここに書いた 『障害の政治』 訳者あとがきについてのメモ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/23 06:38
『障害の政治』 訳者あとがきについてのメモ
11月11日の障害学研究会で『障害の政治』マイケル・オリバー(明石書店2006)を購入。 中身はまだほとんど読んでいないけれども、あとがきが興味深かったので、とりあえずメモ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/11/21 05:05
障害学研究会関東 <『障害者自立支援法とケアの自律』、その後のことなど>関連
以下、研究会案内関連をいくつか転載 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/05 07:53
「生きていることの肯定」への のざりんさんからのコメントについて
以下、環境平和研究会のMLに書いたものに大幅に書き加えたものです。 (タイトルなどを28日に変更しています) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/27 07:29
「生きていることの肯定」 決定稿で削った結語部分
先日書いた、 【宣伝】「生きていることの肯定」 http://tu-ta.at.webry.info/200610/article_8.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/10/17 03:14
【宣伝】「生きていることの肯定」
明治大学軍縮平和研究所が発行している機関誌「軍縮地球市民」の最新号 (目次は http://www.gunsyuku.org/kikan/no6c.html ) が発売されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/10/14 18:30
CBR雑感
CBR(地域に根ざしたリハビリテーション) 障害者関係の国際協力といえばCBRという感じは少しは変わったのかどうか、ぼくは詳しく知らないんだけれども、少なくとも数年前まではそういう感じがしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/10/04 06:09
乙武ブログから障害者差別コメント収録
問題にされている乙武ブログ ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/09/10 02:51
「盲目」という表現をめぐって
http://blog.livedoor.jp/easter1916/archives/50553512.html にコメントを書いたところ、丁寧なレスポンスをもらったので、再度、コメントしようと思ったら、字数制限にかかったので、こちらに掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/08/10 07:27
障害学とは?? その3
この頃、なんか意地になって、毎日更新を続けている。 そろそろネタが尽きてきたかいうような感じもあるが、ハードディスクという悲しいほど便利なものにはいろいろ入っていて、ここを覗くとまだ使えるネタはいくつかありそう。クラッシュしちゃった過去のPCのハードディスクからも引き出せば、ネタはもーっとたくさんあるよね。でも、先代のPCはハードディスクが壊れてるので、これはデータを取りだすのにとてもお金がかかりそうだし、その前のPCは電源が壊れただけだから、復旧はそんなに難しくないかもしれないが、立ち上げる... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/28 06:33
ハンセン病「胎児標本」問題と取り組む市民の会:取り組みの報告
ハンセン病「胎児標本」問題と取り組む市民の会から 「ハンセン病療養所の「胎児標本」の取り扱いについての要望書」 に関する取り組みの報告が送られてきたので、転載 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/26 04:29
障害学とは??その2
障害学とは?? http://tu-ta.at.webry.info/200607/article_17.html で、いくつかの定義の引用をした。 その続き。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 1

2006/07/22 19:59
「大切にされるということ」 Canaさんからのコメントをめぐって
「能力に応じて働くということ 」 http://tu-ta.at.webry.info/200607/article_18.html にCanaさんからコメントをもらったので、ここに再掲 最後にこのコメントへのレスポンス ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/20 03:36
能力に応じて働くということ
去年9月に障害学のMLでのやりとりをここに記録した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 5

2006/07/17 10:38
障害学とは??
障害学とは何か?? いろいろな説明をウェブで集めてみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/07/16 23:35
遠山さんの「障害者の就業問題と社会モデル」について
2004年の9月末にMLに書いたものの再掲を中心に ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/12 04:33
「研究」の立場 「先住民の権利研究」と「障害学」
なぜ、こんなことを始めたのかきっかけは覚えていないが、最近少し障害学MLのログを読み返している。他人が書いたもので、そのままここに掲載したいものも少なくないが、とりあえず承認が必要ない自分の書いたものを掲載 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/11 07:21
「障害者自立支援法案」を持ち上げる京極氏の本
去年、5月に障害学のMLに投稿した読書ノートを再録。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/06 03:53
2005年ホームビジット記録
去年の「日米障害者交流プログラム」での受け入れの記録があったので、固有名詞を少し伏せて、ここに残しておく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/05 07:04
ラルシュについて
 いつか「ラルシュ」についてちゃんと書きたいと思いながら、なかなか書けずにいる。今日もちゃんと書く準備はできていない。  「ラルシュ」は「知的障害」がある人を中心としたグループホームのようなものだが、通常のグループホームとは少し違う。スピリチュアルなグループホームということができるかもしれない。「社会的にはあまり価値がない」とみなされている人たちが大切にされる親密な空間を作ることを意識的にめざしている。一時期マイナーに流行した「新しい親密圏」というのがここにあるように思う。ここでは、施設のよう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 65 / コメント 3

2006/06/30 05:17
6月20日の沖縄タイムス社説で自立支援法について、そしてぼくが働く法人でも・・・
最初に社説から引用、そしてぼくが働いている社会福祉法人の動きも含めて、コメントを少し。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/06/22 03:12
「水俣病は終わらない」東京集会に参加
18日(日曜)上記の集会に参加してきた。 関西訴訟の最高裁判決以来、水俣現地界隈では劇的な変化が起きているらしい。そのあたりの状況と困難を理解し、全国的な支援をつくっていくことをめざした集会。ぼくは恥ずかしながら、この間の現状をほとんど知らなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2006/06/19 23:37
Canaさんからの問題提起
「ボクサー亀田くんに関する心に残った日記」という5月11日付のぼくのブログ記事にCanaさんから、コメントが寄せられました。 ここに再掲します。 === キチガイ映画とか、気の狂った映画とか いいたいことはわかりますが 〈キチガイ〉とか〈気の狂った〉とかいう 形容詞が、ひとからつけられそうな 統合失調症者としては とても気になります。 この場合の キチガイとか気の狂ったという形容詞が 人間を人間としてみていない ひとびとの残酷さを形容するために つかわれているがゆえに ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/13 05:47
顔面移植手術をめぐって(「ル・モンド・ディプロマティーク」の記事から)
少し前のことになってしまったが、「顔面移植手術をめぐって」という記事がル・モンド・ディプロマティーク日本語・電子版に掲載された。 http://www.diplo.jp/articles06/0603-4.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/04/18 05:33
「在ることより、することへの強迫」
以前、アップロードした中野民夫さんの「ファシリテーター8か条」 http://tu-ta.at.webry.info/200602/article_8.html に谷澤久美子さんというスクールカウンセラーの人からTBしてもらった。TBされた記事は ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/04/16 09:36
「江川紹子ジャーナル」の「今、刑務所は……」で障害者の話題
去年まであまり更新が頻繁でなかった「江川紹子ジャーナル」を数ヶ月ぶりに今年初めて?見たら、アドレスも変わっていて、最近は頻繁に更新するようになっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/04/06 01:05
『「障害者自立支援法」時代を生き抜くために』 読書メモへの岡部さんからのレスポンス
http://tu-ta.at.webry.info/200603/article_5.html で書いた読書メモを障害学MLに投稿し、著者の岡部さんからレスポンスをもらった。 岡部さんに確認したら、ブログに転載することを快く了解してもらったので、以下に障害学MLでの岡部さんからのレスポンスに続くやりとりを転載。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/03/21 04:40
疑似体験についての肯定的なレポート
障害疑似体験についての肯定的なレポートをウェブ上で発見。 と、言ってもぼくも参加した『東京大学先端まちづくり学校第7期において、実施した「バリアフリーとまちづくり」ワークショップのプログラム』の報告と、そのときに提出されていた中野さんの論文。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/20 04:53
あわてて書いた自立支援法パブコメ続き(福祉工場の労働者として)
昨日、途中まで書いた意見募集(パブリックコメント)をこのブログに掲載したので、その続きも掲載。 昨夜の12時前、〆切りぎりぎりにあわてて送った。 パブリックコメントって実際、どんな風に扱われるんでしょう? お役人さんやその知り合いで、知っている方がいたら、教えて下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/18 22:08
「障害者自立支援法に係る政省令で定める事項」に関するご意見募集 について
「障害者自立支援法に係る政省令で定める事項」に関するご意見募集(パブリックコメント) が行われていることを締め切りの今日、夜、8時頃に初めて知った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/03/17 21:42
『「障害者自立支援法」時代を生き抜くために』 斜め読み読書メモ
== 「障害者自立支援法」時代を生き抜くために メンタルヘルス・ライブラリーN ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/17 04:13
「アイマスク・車いす体験をしたよ。」について
「アイマスク・車いす体験をしたよ。」について ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/03/06 06:10
共同連の『就労継続支援事業への提言について』について part3
前回の続きを始める前に ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2006/03/02 07:07
再び共同連の『就労継続支援事業への提言』(及び『提言について』について
一つ前のブログの記事で共同連の「就労継続支援事業への提言」についての印象評価だけを書いたことを自分で勝手に反省して、もう少し本文もたくさん引用しつつ、できるだけちゃんとしたコメントを書こうと思う。 ===== ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/02/27 23:49
「「ハンセン病療養所における胎児等標本」問題の署名をきっかけに考えさせられたこと」について
ハンセン病胎児標本問題 tu-taの疑義への返信 で紹介した返信を受けて、「「ハンセン病療養所における胎児等標本」問題の署名をきっかけに考えさせられたこと」の文章を寄せてくれた友人から私信で返信をもらったのを、一部編集して転載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/22 07:11
野崎泰伸さんの「障害者自立支援法と障害者の自立――誰のための公共性か」
『情況』2006年1,2月号収録(特集 公共性の不可能性) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

2006/02/20 02:00
自立支援法下の福祉工場 その2
このところ、工場での仕事が忙しく、1月末以降のこの問題の動向がフォローできていない。 これは早急にフォローする予定。とりあえず、それまで知り得た情報のシェアとそれについてのぼくのコメント。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/18 19:23
障害者の自立支援とパーソナル・アシスタンス、ダイレクト・ペイメント
この本が面白そうだ。でも、まだ買ってない。 べつに明石書店に頼まれたわけでもないし、小川さんも知り合いではないのですが、面白そうなので、備忘録を兼ねて紹介。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/02 06:56
サブシステンスと障害学(再び)
以前、CBR(地域に根ざしたリハビリテーション)研究会のMLで「サブシステンスと障害学」の連関について書き散らかしたものが、その会員用のHPに保管してあったので、そこからコピーして、以下に貼り付けておきます。4年位前のやりとりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/31 07:26
ハンセン病胎児標本問題 tu-taの疑義への返信
署名の文面についての疑義にとてもていねいな返信をもらいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/01/30 23:51
自立支援法下の福祉工場 その1
法は4月から施行されるというのに、自立支援法下で福祉工場はどうなっていくのか。まだまだ見えない部分は多い。厚生労働省の担当職員は突貫作業で省令などで定める細目(細目ではなくてとても重要なことで決まっていないことも多い)を間に合わせようとしているようだ。当事者に議論をする時間も与えずに決めた側の問題なんだけど、やっぱりスケジュールに無理があったように思えてならない。しかし、法律が決まり、動き始める制度を注目しないわけにはいかない。そこに生活がかかっている。開かれた情報がとても少ない中で、福祉工場が... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/20 19:14
案内転載 国際化市民フォーラム in Tokyo +考えてることメモ
案内転載 国際化市民フォーラム in Tokyo +考えてることメモ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/18 07:02
「ハンセン病療養所における胎児等標本」問題の署名をきっかけに考えさせられたこと
以下に4つの文章を転載する。 1、ハンセン病「胎児標本」問題と取り組む市民の会 からの賛同要請 2、上記へのぼくからのコメント 3、この問題に関する匿名の知人の感想(これが今回のメイン) 4、この知人の感想へのぼくのコメント ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

2006/01/10 01:38
ハンセン病療養所における胎児等標本に関する要望書」について
以下、障害学のMLから転載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/06 20:09
障害者雇用についての和歌山県の取り組み
ネットをうろちょろしていて、偶然、以下の和歌山県の取り組みを発見。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

2005/12/27 07:19
当事者性について(「ふぐりんの雑記」に触発されて
ふぐりんの雑記に書かれていることがなぜかとても気になる。 なぜだか良く分からないのだけど気になる。問題意識に近いものがあるのか?それとも自分では意識できない何か別の理由があるのか? ともかく、12月7日の記事は「当事者性を引き受けるとか、降りるとか」というタイトル。 ここで書かれていることに直接対応するわけではないが、ぼくが考える当事者についてのメモを書いておく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/10 11:23
障害者疑似体験と障害平等研修
いまでも無批判に行われることの多い障害者疑似体験。この疑似体験の問題について久野さんは「障害平等研修」を紹介するホームページの中で以下のように指摘している。 == なぜ疑似体験がいけないのか  最大の理由は、疑似体験では個人の身体機能不全のみが強調され、障害の本質である差別や排他的な社会の構造といった最も理解が必要である点が軽視され、差別や権利の問題としての障害理解を遠ざけてしまう可能性がある点である。もう一つは、多くの障害者が自立した生活を送っているにもかかわらず、擬似体験では「できない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 1

2005/12/06 07:26
「『障害者の就労の位相をめぐる考察』への違和感」へのふぐさんのコメントについて
「障害者の就労の位相をめぐる考察への違和感」にふぐさんからコメントをもらった。より正確にいうと、ふぐさんのコメントはぼくに対してでなく、ぼくの記事を読んだ学生へのコメントという形になっている。しかし、それはぼくの感じ方がふぐさんの意図を読めていない証左ともいうか、ふぐさんとぼくとの考え方の違いが明確になる内容になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/02 05:31
「障害受容」と呼ばれるものについて
 ブログ「ふぐりんの雑記」で「障害受容」に関する記述がされていて、「障害受容」ってなんなんだろうと考えてみる。  福祉工場で働いている実感からいうと、いっしょに働いている人の障害を意識するとこはまずない。そのあたりはリハ業界の人との大きな違いかもしれない。  例えば、いっしょに遊びに行って、社会的障壁にぶつかったときに初めて、「あっそうか、彼は障害者だったんだ」と思ったりする。そういう感覚を前提にして、「障害受容」について考えてみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 30 / コメント 4

2005/11/30 05:38
障害学と平和学
ブログに掲載することを探して、見つかったのが以下。 2005年7月、環境・平和研究会で「障害学とサブシステンス」というテーマで発表したときのレジュメに若干補足して転載 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/10/07 00:05
10・15講演会 自立支援法でどうなる就労支援
講演会の案内を転載 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/10/04 06:50
被支援者がいてくれないと食べていけない福祉の話から自立支援法案の話へ
障害学MLでのこの間のやりとりを、自分のブログに記録しておこうと思って、いくつか転載してきたのですが、いろんな意見がでてきて、紹介しきれない量になってきました。まとめることが出来れば、いずれ、まとめたいと思のですが、たぶん、できないかなぁ。興味のある人は障害学MLに入って過去LOGを読んでください。  というわけで、自分で書いたものだけは、気兼ねなく転載できるので、それをちょっと補足して転載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/09/25 11:24
障害者の就労の位相をめぐる考察に関するやりとり続き
「「障害者の就労の位相をめぐる考察への違和感」について」への自分トラックバック 2005/09/20 03:06にここに紹介したレスポンスに対する田島さんからのレスポンスとそれへのぼくのレスポンスを転載します。障害学MLからの転載です。流れが読みにくい面もあるかと思いますが、想像して読んでいただけたら幸いです。障害の否定性をめぐる論議になってきています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/23 22:31
「障害者の就労の位相をめぐる考察への違和感」について
「障害者の就労の位相をめぐる考察への違和感」について 障害学MLに昨日のを紹介したら、本人の田島さんからは自分のブログにレスポンスを書いたというレスポンスがあり、古瀬さんからもレスポンスをもらったので、それへのレスポンスを書いた。以下に転載 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/09/20 03:06
障害者の就労の位相をめぐる考察への違和感
田島さんの以下の論文についてのコメント == ひとの価値と作業療法 − 障害者の就労の3つの位相をめぐる一考察 −  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2005/09/19 05:03
 富弘美術館
土曜日に富弘美術館(HPはリニューアル中、9月中に再開とのこと。)に行った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/07 19:33
ふたたび倉本さんへのトラックバック+ひつじさんからのコメントについて
倉本さん、倉本さんへのトラックバックにトラックバック http://kurat.air-nifty.com/blog/2005/08/post_b704.html ありがとうございます。また、ひつじさんもコメントどうもです。それらに少しレスポンスしたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2005/08/24 00:00
「政治というものそのものへの参加を拒否する自由」について
2005年8月10日 (水) 選挙 http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5393277 へのトラックバックとして ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 1

2005/08/16 04:09
自立支援法廃案、新しい施策策定プロセスを
衆議院が解散し、自立支援法は廃案になった、以下のようなアピールが出されている。 === 以下「障害者の地域生活確立の実現を求める全国大行動」実行委員会の自立支援法案廃案にあたってのアピール http://www.j-il.jp/jil.files/daikoudou/200508/08appeal.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2005/08/10 06:53
「障害者自立支援法案と雇用・就労について」再び
「障害者自立支援法案と雇用・就労について」について === 就労支援という観点から自立支援法について 考えたメモを以下に貼り付けます。 感想など、直接でもかまいませんので、 書いてもらえたら幸いです。 == ==以下、メモ== ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2005/07/29 23:58
「発達障害者の能力主義(2) 言語性権力1  」について
「発達障害者の能力主義(2) 言語性権力1  」について ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/07/22 07:37
あんまりがんばらないことが大切かも
「障害者自立支援法案と雇用・就労について」について ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/07/19 06:03
「障害者自立支援」??法案、衆院委員会採決
「障害者自立支援法案と雇用・就労について」へのトラックバック。昨日の採決についてなど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/14 20:49
医療モデル・社会モデル・疑似体験
CBR(*1)のMLでの投稿へのレスポンスを書いたので紹介 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/07/12 03:05
「障害学と平和学」について
「障害学と平和学」について    知り合いの大学院生であるIさんが平和と障害というキーワードで国会図書館に登録されている論文を検索してくれた。感謝、感謝。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/09 23:39
障害者自立支援法案と雇用・就労について
「障害者自立支援法について」  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/07/06 22:42
障害学と平和学
障害学と平和学の連関について考える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/05 07:32
うさぎさんのコメントについて
「「サブシステンスと障害学」について」について ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/03 23:59
「「サブシステンスと障害学」について」について
「「サブシステンスと障害学」について」 について.。 この自動発生する「・・について」について っていうタイトル、いかがなものかかと思ったが、実際、この「・・・について」についての文章なのでそのままにすることにした。ブログにありがちなのだけれども、かなり言葉の使い方が乱暴だったと反省しつつ、自分のかいたものを、もういちどふりかえってみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2005/07/02 07:54
障害者自立支援法について
どうしても、この国会で成立させようという動きがでているようだ。今日、調さんを偲ぶ会で何人かの障害者運動の関係者に話を聞いた。7月5日の集会で流れを変えたいとのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2005/06/30 06:11
昨日から今日にかけて
昨日は午後から障害学研究会、夜はビバ・リブ上映会。 今日は午後から丸木の再生プロジェクト会議、その後、豊田の写真展。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/26 23:56
「サブシステンスと障害学」について
「サブシステンスと障害」について  さまざまな障害をかかえる人のサブシステンスを考えて、どのようにサブシステンスが見えてくるのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/06/24 21:53
サブシステンスと障害
 障害者の問題をサブシステンスの問題として考えてみる。障害者、個々でサブシステンスを維持する条件は異なる。車いす利用者の、人工呼吸器使用者の、知的障害者の、・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/06/11 07:17

トップへ | みんなの「障害」ブログ

トップ頁の右上に広告が入るようになっちゃいました。それがいやな人はさらに追加してお金を払いなさいとのこと。というわけで、この広告クリックしないでください(なんて、けなげな抵抗)。==============ブログ内ウェブ検索

ブログ内 を検索
今日、考えたこと 障害のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる