泣く13歳の少女に熱くなる排外主義者

カルデロン一家の問題に関して、ネット上ではすさまじいばかりに排外主義の声が氾濫している。
(それへの反発もあるのだが)
あの排外主義者たちは、どうして、あんなに熱心にあの一家にこだわり、追い出したがるのだろう。
彼らの滞在を認めることをなぜ許せないのか。

例えば、以下
うんざりするような排外主義者の書き込みがい~っぱいあるので、気分を悪くしたくない人は見ないほうがいいと思う。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1223117.html


何が排外主義者≒右翼をそんなに熱くさせるのか。
どうして、13歳の少女が親と引き離されることを望むのか。

自身の恵まれない環境へのうらみつらみがカルデロン一家に向かっているのか。

ヨーロッパで貧困が極右(ネオナチ)や移民への排外主義を生み出したその同じ動きが日本でも起きてきてるのか。そんな感じがしないでもない。

ちょっと怖い話ではある。ヨーロッパでは移民への排外主義に反対するもっと強力な運動も存在したが、日本ではそれはそんなに強力ではない。移民への排外主義に反対する声をもっと出していく必要があると感じさせるカルデロン一家に対するネット上での反応だった。

反貧困の運動は反排外主義の運動ともっとつながる必要がある。

また、今回の問題は子どもの権利条約違反でもある。

参照URL
アムネスティ・インターナショナル日本
日本 : フィリピン人夫妻の退去強制は人権侵害
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=619

アムネスティ・インターナショナル日本支部声明 : 森英介法務大臣への公開書簡
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=613





上記の記事が「面白いかも」って思ったら、この下にある「人気blogランキングへ」というのをクリックしてください。
人気blogランキングへ

クリックしてくれた人数のランキングです。クリックするとランキングのサイトに飛び、うんざりするような排外主義ブログのタイトルの山を見ることになります。こんなランキングに登録するバカバカしさを感じないわけでもないんですが、・・・
でも、クリックしてもらえるとうれしかったりもします。

人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

送還賛成派
2009年03月15日 03:34
>彼らの滞在を認めることをなぜ許せないのか。
彼らの滞在を認めてしまえば、次から次に外国人が不法入国して子供を産む。
で、いざ送還となれば、その子どもを盾に正当化
日本は国民から徴収した税金から生活保護をそれらの外国人に配当する。
当然、税金では賄えなくなり、結局税率が上がる。
tu-ta
2009年03月17日 00:31
送還賛成派さま
まったく違う意見ではありますが、コメントありがとうございます。以下に反論します。

それがいいか悪いかは別として、日本の入国管理はそんなに甘くないので、次から次に外国人が不法入国して子どもを生むということは、現状では考えられません。

どんな親であろうと、子どもは親と引き離されない権利があり、それは子どもの権利条約でも認められています。

カルデロンさんは生活保護を必要としていませんし、外国籍の人の生活保護の割合を考えたとき、生活保護費が増えるという話も妥当性を欠いています。

現状の入国管理体制が続けば、その費用が法外に増えるなどという心配がないことは明らかです。

それでも、カルデロンさんたちに悪罵を投げつけ、日本語しか出来ない13歳の少女を親の祖国とはいえ、言葉のわからない国に追い返すか、あるいは、親子を引き離すしかない、ということを熱心に語る人の、その心の底にどんな思いが貼りついているのか、それを知りたいと思うのです。
とおりすがり
2009年04月09日 01:31
私は、とある国で「移民」をやってます。そこでマイノリティーとして暮らすことは大変で、毎日いろんなことで自分はここのメインストリームの人口に属してないことを痛感させられます。

そういう状況にいると、自分と同じ肌の色をした移民が事件を起こしたり何かネガティブなことをやると私もその人と私と肌の色が同じで移民であるというだけの理由で、その人のやったことの影響を受けざるを得ないのです。

生活保護云々ではなくて、カルデロンさんのやったこと、カルデロンさんが更に固定させた、既にそこにある「フィリピン出身の移民」のイメージによって「あーあ、また同胞がこういうことをやったよ」と思ってるフィリピン人もいないことはないと思います。

私は上でななしさんのいう経済的なことに関してはどうも同意できません。日本人がやらない仕事をフィリピン人にやらせて労働コストをおさえている社会のことを勘定にいれずに「移民=社会の経済的お荷物」と断定するのはちょっとシンプルすぎると思います。
なかののねこ
2009年05月04日 10:38
犯した罪の償いはしないとね。
他人のパスポートで不法入国しているわけでしょ。
たち悪い方ですよね。
この件が表ざたになったきっかけはどうなんですか?
法に照らしてのきわめて妥当(個人的には甘いとは思うけれども)な結論ですよね。
法を守る=親子を引き離そうとしている
ここが最大の間違い。話のすり替えです。意図的でしょうが・・・
日本人であろうが外国人であろうが、犯罪者に対し、法に照らした妥当な刑罰を望んでいるだけなんですよ。

ほとんど日本語が話せないという両親と、フィリピン語は話せないという娘。
どうやって日常生活をおくっているのか興味津々。
2009年10月10日 16:25
とおりすがりさん。コストを下げる事がいい事だなんて言うのは経済がなんたるか知らない馬鹿だけだよ。
不景気の下に言われるコストダウンは不景気を加速させるのに全員に受け入れられる魔法の言葉だからね。
(正確には「自分だけでも生き残りたい」に過ぎないの。
 コストダウンとして労働者への給与を下げ、首を切り失業者を増やして、
 その内実、生活が好転してるとお思いですか?)

対外的に見れば競争力に繋がるけど、国内的に見れば利のない愚策です。
そもそも地域社会を超えて仕事=収入を奪い合うシステムが危険で馬鹿げてるのです。

経済はパイの大きさを変化させる事の出来るゼロサムゲームです。
ただし、仕事はパイを増やしているのではありません。
「変化させている」だけなのです。

だから、バランスの悪い低賃金労働や競争は実はパイを小さくしているのです。
その事に気が付くべきでしょう。

どうでもいいですが、排外主義が本質的になんであるか考える事も有用です。
差別が本質的になんであるかも。
馬鹿な人は組織に対して責任と賠償を求める事が。結果的にその所属者から収奪する事だとは、
特定の事象だと分かるけど、別の特定の事象だと分からないみたいですしね。

この記事へのトラックバック