『刑務所の精神科医』メモ

刑務所の精神科医治療と刑罰のあいだで考えたこと著者 野村俊明〈私には、非行少年少女や受刑者の多くが人生の偶然や不運に翻弄されているように見えた。そして、人生のほんのわずかな何かが変わっていれば、自分も少年院に入って反対側の椅子に座っていたかもしれないと感じていた〉刑務所や少年院などの受刑者・被収容者の中には、精神障害が理由となって法を犯…
コメント:0

続きを読むread more