テーマ:障害

『仮面の家』メモ 追記あり

タカハシクリニックのPSWで公認心理士の上原さんの連続講座の課題として、読むことになった本。図書館で借りた。 次の人のリクエストが入っているので少しだけ早めに返します。 この本のメインの事件の概要は浦和・高校教師夫妻による息子刺殺事件http://yabusaka.moo.jp/urawamusuko.htm 紀伊国屋のサイトでの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『新版障害者の経済学』は新版になって変わった(か?)(3)(ほんの紹介27回目)

たこの木通信2020年5月に掲載した原稿に注を追記 『新版障害者の経済学』は新版になって変わった(か?)(3)(ほんの紹介27回目)まだ、続きます。基本的には社会が作り出している障害、その障害を当事者一人ひとりが(ときに支援者といっしょに)、取り除く主体になり得るのだという部分を抜きに、【障害を福祉が素早く察知し、取り除いていく】という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内田樹さんの「親密圏と家族」について(追記あり)

内田樹さん@levinassien が2008年に書いた「親密圏と家族」というタイトルのブログを読んだ。http://blog.tatsuru.com/2008/10/15_1715.htmlもう12年も前のブログで、いま、彼がどう考えているか知らないし、親密圏に関するアカデミックな議論をフォローしているわけではないので、ぼくが書いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『新版障害者の経済学』は新版になって変わった(か?)(1)(ほんの紹介25回目)

たこの木通信2020年3月に掲載した原稿(少しだけ訂正)~~~『新版障害者の経済学』は新版になって変わった(か?)(1)(ほんの紹介25回目) 新版になる前の本より格段に共感できる。前の本のぼくの読書メモは以下 https://tu-ta.at.webry.info/201108/article_13.html この新版で微妙な感じは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津久井やまゆり園事件から4年、山田由美子さんブログを読んで考えたこと+追記:津久井やまゆり園事件を考え続ける会の集…

いまは山田由美子さんといっしょに働く西條さんは以前からの知り合いなのだけれども、彼女が山田由美子さんのnoteをフェイスブックで紹介してくれた。https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=2344690615834253&id=100008800120984津久井やまゆり園…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『障害学はもう終わっている』のか? (『障害社会学という視座』 7章「障害社会学と障害学」メモ)

この本、やはり、ぼくにとっての焦眉は7章「障害社会学と障害学」『障害学はもう終わっている』のか?前提として、難しいところは飛ばして呼んだので、大切な見落としがある可能性は多い。もし、そこに気づいてもらえたら指摘してもらえれば幸い。書いていて、この章に対する、かなり大幅な反論のような形になってしまった。以下、この章のメモ~~~障害学が「社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風雷社中の挑戦と支援の一般化(ガイドヘルパー講習のためのクラウドファンディングの開始に)

風雷社中の挑戦と支援の一般化ガイドヘルパー講習のためのクラウドファンディングの開始に寄せて風雷社中がクラウドファンディングを始めた。地域のシニアに、低価格の【ガイドヘルパー養成研修】を開講したい!https://camp-fire.jp/projects/view/204416上記のサイトに、どうしてそれが必要なのかについて、けっこう長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本社会福祉士会声明「津久井やまゆり園事件について」について

「津久井やまゆり園事件について」公益社団法人日本社会福祉士会の声明https://www.jacsw.or.jp/05_seisakuteigen/files/020/0200406.pdfこれを読んで、感じたことを書きました。~~~ まず第一に、なぜ、植松死刑囚のような考え方が生まれたのか、知的障害者の施設で働いた数年の経験は彼に何を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『闘う情状弁護へ』メモ

この本、サブタイトルは「知的・発達障害と更生支援」、その新しい潮流主に発達障害の人の更生支援について、多くの専門家のインタビューをベースに佐藤さんの知見が書かれている。執筆に踏み切らせたのは『更生支援における「協働モデル」の実現に向けた試論~再犯防止をやめれば再犯は減る』だったと書かれている。インパクトの強いいい本だった。以下、出版社H…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『居るのはつらいよ』というケアとセラピーの話(2)(ほんの紹介24回目)

たこの木通信2020年2月に掲載した原稿のわかりにくかった部分を少し加筆した。『居るのはつらいよ』というケアとセラピーの話(2)(ほんの紹介24回目) 『居るのはつらいよケアとセラピーについての覚書』の続き。先月、書いたものを読み返したのだけど、何が書きたかったのかとよくわからない(涙)。すみません。著者の東畑さんはケアとセラピーの違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『居るのはつらいよ』というケアとセラピーの話(1)(ほんの紹介23回目)

たこの木通信2020年1月に掲載した原稿『居るのはつらいよ』というケアとセラピーの話(1)(ほんの紹介23回目) 今回、とりあげるのは、『居るのはつらいよケアとセラピーについての覚書』。著者の東畑さんとは偶然、一度だけ某ワークショップで同じグループになったことがあって、この本のことを知ったのだった。話題の本でもある。著者が「この本の体裁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「意志ってなんだろう」福祉労働165 メモ

季刊 福祉労働165号意思ってなんだろう  つながりから生まれる経験知へ (2019年12月)http://www.gendaishokan.co.jp/goods/ISBN978-4-7684-2365-3.htm から「意思決定」が、障害者・高齢者・依存症者・引きこもりなど、立場の弱い人に自己責任を押し付けるための、免罪符のように使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福祉工場制度から就労継続A型への転換、そしてソーシャルファームについて

2020年3月27日に**福祉工場のHPに掲載したリレーコラムに書いた文章、こちらにも残します。福祉工場で働くということ。障害者が/障害者と #9「福祉工場制度から就労継続A型への転換、そしてソーシャルファームについて」**福祉工場が旧法の制度(身体障害者福祉工場)から現在の障害福祉サービス制度である就労継続A型を利用するに至った経過と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ソーシャルワーカー ─「身近」を革命する人たち』メモ(追記あり)

ソーシャルワーカー ─「身近」を革命する人たち井手 英策 著 , 柏木 一恵 著 , 加藤 忠相 著 , 中島 康晴 著https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480072474/ フェイスブックへの書き込みに知り合いの某W大学教員がコメントしてくれて、それが興味深かったので最後にメモとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『新版障害者の経済学』メモ

『新版障害者の経済学』 中島 隆信著 2018年4月13日 発売最初に読書メーターに書いたメモ前の本 https://tu-ta.at.webry.info/201108/article_13.html より格段に共感できる。微妙な感じはあるが慧眼だと感じたのは以下「優性思想はあえて持つものでもないし、克服するものでもない。人間の置かれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たこの木通信21回目(2019年11月)での岩橋さんとのやりとり

たこの木通信21回目(2019年11月)で たこの木の岩橋さんからオープンダイアローグについて以下のような疑義が出たので、たこの木通信誌上でやりとりしたものを岩橋さんの許可をもらって、岩橋さんからの投げかけとともに掲載。~~~~《tu-taさんへ 「ほんの紹介」を読んで思った事》 tu-taさん。「本は読めないけど短い書評ならば」と依頼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オープンダイアローグで精神医療が変わればいいな(2)(「ほんの紹介」20回目)

たこの木通信2019年10月に掲載した原稿オープンダイアローグで精神医療が変わればいいな(2)(「ほんの紹介」20回目) 先月 https://tu-ta.at.webry.info/201912/article_4.html の続きです。で、そのオープンダイアローグ(OD)って何かって話です。先月、斎藤環さんが「ODが精神医療全体を変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オープンダイアローグで精神医療が変わればいいな(1)(「ほんの紹介」19回目)

たこの木通信2019年9月に掲載した原稿 ~~~ オープンダイアローグで精神医療が変わればいいな(1)(「ほんの紹介」19回目) 3か月に1度掲載してもらっていた「ほんの紹介」ですが、もうすぐ丸五年になります。読んで感想をくれるのは岩橋さんただ一人というか、その岩橋さんもぼくが無理やりに感想を言わせてる感じなんですけど(笑)。でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暴力の向こう側を見つめて「つながり」をつくりたい(けど)(「ほんの紹介」18回目)

暴力の向こう側を見つめて「つながり」をつくりたい(けど)(たこの木通信380号「ほんの紹介」18回目)2019年6月 この3月から6月にかけて、ぼくにとっては形容しがたい大変な3か月だった。同じ福祉工場で働き続けているもの、追われるように現場から引き離されて、ひどい言い方をされて、直接支援とは離れた場所で働くことになった、というような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『発達障害に生まれて』メモ

『発達障害に生まれて-自閉症児と母の17年』メモ 松永正訓 著読書メータに最初に書いたメモ~~~どこかで紹介されていたので、図書館で借りて読んだ。さくっと読める本なのだが、しっくりこない部分がときどき出てくる。そう、インクルーシブという観点がないわけではないのだが、弱いと思う。メインストリームの側こそがインクルーシブな環境を作る義務を持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『更生支援における「協働モデル」の実現に向けた試論』メモ その3(第4章のみ)

今日、たこの木主催の本の読めない人の読書会http://takonoki1987.seesaa.net/article/471040907.html結局、何も準備できないで、この日の午前に行われる会議へ。まずいなぁ。 で、これは以下の続き。その1https://tu-ta.at.webry.info/201903/article_4.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『されど愛しきお妻様』メモ

『されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間』読み終わって、いま、知ったのだが、加筆訂正前の連載はWebで読める https://gendai.ismedia.jp/articles/-/51246 (2回目からは有料会員のみ)。そして、重版出来後の後日談も。https://gendai.ismedia.jp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辺見庸『月』メモ

読書メータに書いたもの最初のメモ読んだとは言えないかも。 初めはがまんして読んでいたが、うんざりして、飛ばしながら読み、最後は放棄。そんななかでわずかに気になったのは、298p~の少しと312pの少し、そして、ヨケラ高校銃乱射事件のマニフェストの話(256p)「にんげんとはなにか、あるとき辞書で調べた・・・大辞林で。」とあって、中身が引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『助けてが言えない』メモ

出版社ホームページ https://www.nippyo.co.jp/shop/book/8072.html から1 助けを求められない心理 1 「医者にかかりたくない」「薬を飲みたくない」    ーー治療・支援を拒む心理をサポートする……佐藤さやか 2 「このままじゃまずいけど、変わりたくない」    ーー迷う人の背中をどう押すか………
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オープンダイアローグがひらく精神医療」メモ

「オープンダイアローグがひらく精神医療」メモ斎藤環著 日本評論社 2019年7月出版社ホームページhttps://www.nippyo.co.jp/shop/book/8069.htmlから内容紹介「開かれた対話」を通じて精神疾患にアプローチする。この画期的な手法であり思想を、日本に導入すべく奔走する著者の最新論集。目次1 オープンダイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「入所施設だからこそ起きてしまった相模原障害者殺傷事件」メモ

入所施設だからこそ起きてしまった相模原障害者殺傷事件 隣人を「排除せず」「差別せず」「共に生きる」ための当事者視点の改革河東田博著 現代書館のサイトから相模原事件は入所施設だからこそ起こった大量殺傷事件である。入所施設の実態を歴史的・社会的・構造的に明らかにし、神奈川県から2017年10月に出された「津久井やまゆり園再生基本構想」の問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『野の医者は笑う』メモ

野の医者は笑う: 心の治療とは何か? 東畑開人著 『居るのはつらいよ』が面白かったので、これも図書館で予約していたけっこう待たされてきて、いまでも大田区の図書館では 所蔵数 2 冊 貸出数 2 冊 予約数 12 件人気の本だ。東畑さんは、近代医学の外側で活動している治療者たちを「野の医者」と名づけ、彼らの治療を見て回る。そこから現代の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ぷかぷかな物語』メモ

サブタイトルは「障がいのある人と一緒に、今日もせっせと街を耕して」目次~~~第1章 物語のはじまり第2章 パン屋を始めたものの第3章 なんだ、そのままでいいじゃん第4章 ぷかぷかのお店第5章 まっすぐ前を向いて生きています―障がいのある人が働く、ということ第6章 たくさんのつながりをつくる第7章 障がいのある人たちと一緒に新しい文化をつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『介護ヘルパーは見た』メモ

読書メーターでまとめたものの再まとめ 介護ヘルパーは見た (幻冬舎新書)藤原 るか ~「介護労働者の権利宣言」を共に作ろう~6.29集会 http://wwt.acw2.org/?p=4786 で話を聞いた藤原るかさんの本。面白かった。認知症の人との付き合い方、いい感じです。あ~、こんな風にすればいいのか、と思った。 そして、改悪さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『障害者の傷、介助者の痛み』メモ(その1)概観と13章のみ

障害者の傷、介助者の痛み 渡邉 琢 著 青土社のサイト http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=3235 から ~~~ 関係性にとまどいながら、つながり続けるために 相模原障害者殺傷事件は社会に何を問いかけたのか。あらためて、いま障害のある人とない人がともに地域で生きてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more